資料詳細

概要

行動経済学の使い方 岩波新書 新赤版 1795
大竹文雄著
331
表紙画像は「紀伊國屋書店」のものを使用しています。
画像をクリックすると紀伊國屋書店のオンラインストアの詳細ページを表示します。

利用状況

詳細

ショメイホカヨミ コウドウケイザイガクノツカイカタ
チョシャ1ヨミ オオタケ, フミオ
請求記号 331
出版者 岩波書店
出版年 2019/09
ページ 201,23p
大きさ 18cm
ISBN1 9784004317951
定価 820
登録番号 137603
内容細目1 研究と応用が進み、いまや「使う」段階にきている行動経済学。その考え方をわかりやすく解説し、行動経済学を使ったナッジの作り方と、仕事、健康、公共政策における具体的な応用例を紹介する。
内容細目2 〈大竹文雄〉1961年京都府生まれ。大阪大学大学院経済学研究科教授。専攻は、行動経済学、労働経済学。「日本の不平等」で日経・経済図書文化賞、サントリー学芸賞、エコノミスト賞を受賞。